2020年7月 8日 (水)

令和2年第2回定例会

昨年の台風19号を教訓に緊急速報メールの活用を

問 台風時の緊急速報メールの活用について。

答 昨年は配信しなかった。今シーズンは活用する。

風水害想定の避難所マニュアルを作成すべき

問 避難所運営における地震想定時と風水害時の対応の違いついて。

答 震災想定の避難所運営マニュアルはあるが風水害想定のものはない。今後作成していく。

高齢化した集合住宅でのモデルケースで自宅避難の取り組みを

問 高齢化集合住宅での自主防災組織のモデルケースの中で避難所の3密を避けるため自宅避難を適用できないか。

答 自宅避難に必要な備蓄品の検討につき自治会と意見交換している。

必要な市民にマスクを

問 市が保有する備蓄マスクを必要な市民に提供することはできないか。

答 避難所の備蓄マスクは数量確保が必要。状況を判断し柔軟に対応したい。

医療機関のオンライン受診を推進

問 オンラインでの医療機関の受診について。

答 市内医療機関では電話での診療が26機関。電話とオンラインは1機関。今後は医師会と協議する。

PCR検査センターが設置されました

問 PCR検査等も視野に入れた発熱外来設置について。

答 医療機関ごとに時間帯や動線を工夫している。4市連携でPCR検査センターを開設した。主治医又は市保健センターで必要に応じ予約し検査を受けることができる。

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

令和2年第2回定例会が始まります

令和2年第2回定例会が始まります。3月の議会では、新型コロナウイルス対応のために、国立市議会全ての議員が一般質問を行いませんでした。今回は、時間短縮の上で、実施することとなりました。公明党議員の日程を記します。

  1. 6月5日(金)13時55分香西たかひろ
  2. 6月8日(月)13時00分小口としあき
  3. 6月9日(火)14時00分青木じゅん子
  4.  
  5. 小口としあきの一般質問のテーマは、
  6. 1.防災・減災
  7. (1)エリアメールの活用について
  8. (2)避難所運営における地震想定時と風水害時の対応について
  9. (3)避難所となる学校体育館の3密対策について
  10. (4)高齢化した集合住宅に特化した自主防災組織のモデルケースの取組について
  11. 2.新型コロナウイルス対策
  12. (1)市が保有する備蓄マスクを必要な市民に提供できないか
  13. (2)オンラインでの医療機関の受診について
  14. (3)発熱外来の設置について

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

令和2年第1回定例会の一般質問は中止になりました。

令和2年第1回定例会が始まりましたが、新型コロナウイルス対応のために、3月2から5日までの一般質問は中止になりました。

政府の方針を受けて国立市は、市内公立小中学校を3月2日の午後から休校としました。これらの対応のために、またそれ以外の新型コロナウイルス対応のために、市職員は様々な業務にあたっています。職員の負担を考えると議会対応のための作業や会議を休止することで協力する必要があると判断しました。

期限については、1週間から2週間です。今回の定例会でその他に予定している予算特別委員会と常任委員会をどのように行っていくのかは、3月6日までに検討し決定する予定です。

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

令和2年第1回定例会が始まります

令和2年第1回定例会が始まります。今回も一般質問をおこなう予定です。公明党議員の日程を記します。是非傍聴にいらしてください。

3月3日(火)14時30分 香西たかひろ
3月4日(水)13時15分 青木じゅん子
3月5日(木)14時30分 小口としあき

小口としあきの一般質問のテーマは、
1.防災・減災
(1)エリアメールの活用について
(2)避難所運営における地震想定時と風水害時の対応について
(3)河川敷グラウンドの復旧工事について
(4)高齢化した集合住宅に特化した自主防災組織のモデルケースの取り組みについて
2.住宅政策
(1)都営矢川北アパート建てかえの進捗について
(2)矢川プラスの建設スケジュールについて
(3)都営矢川北アパート建てかえにおけるファミリ-向け間取りの設置要望に対する東京都の対応について

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

令和元年第4回定例会

台風19号の被害を踏まえて今後の風水害対策を

問 台風19号で河川敷グラウンドが水没したが、復旧はいつ頃か。

答 令和2年3月中。

問 順次使える箇所から解放できないか。

答 進捗を見ながら早期解放に向け検討したい。

問 台風時に緊急速報メールを配信しても良かったのではないか。

答 避難準備情報・高齢者避難開始を発令したが緊急速報メールは配信しなかった。今後は対応する。

問 自主避難場所の設定について。

答 台風当日正午に第一小学校他計6カ所を開設した。午後5時以降に第六小学校を追加した。

問 青柳や矢川地域の住民の為には当初から六小も開設して良かったのでは。

答 今後は検討していく。

市民の健康づくり生き甲斐創出のためにスポーツ振興を

問 総合型地域スポーツクラブ立ち上げは何時か。

答 令和2年度中。

問 市内スポーツ施設の状況について。

答 概ね利用率は高い。他市と比べ施設数は少ない。

問 どう対応するのか。

答 スポーツクラブ立ち上げでは既存の種目に影響しないよう工夫する。

給食センター建てかえに伴う跡地は教育のために活用を

問 給食センター建てかえ後に学校教育の為に武道場を設置できないか。

答 公共施設マネジメントの中での検討となる。各校からの移動時間の確保などが課題である。

問 郷土文化館のさらなる活用について。

答 本田家資料も大型石棒と共に重要なもの。展示を工夫していきたい。

郷土文化館のさらなる活用について。

問 郷土文化館のさらなる活用について。

答 本田家資料も大型石棒と共に重要なもの。展示を工夫していきたい。

| | コメント (0)

«令和元年第4回定例会が始まります